iPhone修理を福岡(博多)でお探しの方なら スマップル博多店

博多店 092-402-1534

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

iPhone修理 福岡なら博多駅より徒歩0分!ガラス割れ交換やバッテリー・水没復旧などアイフォン修理の事ならスマップル博多店へお任せください。

恐怖!レッドスクリーンとは?【まるちゃん日記】

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

恐怖!レッドスクリーンとは?【まるちゃん日記】

カテゴリ:お役立ち情報

こんにちは!

博多駅から徒歩4分、スマップル博多店の丸尾です^^

 

もうすぐ10月も終わっちゃいますね…

肌寒い日が続くようになり、モコモコ・ホカホカが恋しい季節です。

 

さて。

先日、珍しい症状でお待ちになった方がいらっしゃったので

そちらについてお話をしていきたいと思います。

 

———

 

その珍しい症状というのは「レッドスクリーン」

 

レッドスクリーン

 

画面が突如真っ赤になってしまう症状でございます。

 

そちらのお客様は、リンゴマーク→一瞬赤い画面→真っ暗→リンゴマーク…

というループを繰り返していたのですが、

実際に目の当たりにすると、ビビる程度の問題ではないです…

 

こちらのレッドスクリーン。

内部に問題がある時に起こる症状でございます。

 

そもそも、リンゴマークの画面というのが

iPhoneを起動させる準備を行っている画面でして、

「ここはOK?」「OK!」みたいなのをiPhoneが自分でチェックをしている状態なのですね。

 

ここで、「OK!」以外の決められていない反応が帰ってきてしまった場合、

もしくは指定の期間内にチェックが終わらなかった場合…

難しい言い方をすると、「起動シーケンスに異常がでている」とiPhoneが判断をしてしまいますと、

 

起動しかけていたデータに全てリセットがかかってしまい、

画面がぶわっ!と真っ赤になってしまうことがあるんですね…

 

またこの症状。赤だけではなく青や緑だ、なんてこともございます。

 

この症状では、内部のどこかに問題があることは確実です。

 

もしそのような症状になってしまったら、

iTunesに繋いで「アップデート」や「復元」を試すのも方法の一つです。

 

PCとiPhoneを繋ぎ、iTunesを起動。

次にiPhoneの電源ボタンとホームボタンを長押しして、

iPhoneを「リカバリーモード」にいれます。

 

「リカバリーモード」というのは、

PCを使ってiPhoneに強制的に復元(初期化)をかけてしまうときに使うモードでございます。

 

すると、iTunes側で「リカバリーモード」に入ったiPhoneが繋がれた、と認識します。

 

そこで「アップデート」を選択!して数分お待ちいただければ完了です。

 

しかしこの方法で復旧できるか、というのは確実ではございませんし

「復元」を押してしまうと、データが消えてしまう(バックアップしてあるデータでiPhoneを復元する)ので、

あくまでも気をつけて、自己責任でお願い致します…

 

———

 

もちろん、当店に持ち込んでいただいても大丈夫です!

内部を見て、原因を調査してまいります(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

店頭での無料のご相談も可能ですので、

何かお使いのiPhoneにお困り事がある際は

ぜひ一度ご相談をされてみてくださいね☆

 

友だち追加

2018年10月25日

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

iPhone修理 福岡
店舗名 スマップル博多店
営業時間 8:00 ~ 21:00
TEL 092-402-1534
住所 〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
福岡博多で1番安いiPhone修理店
グループサイトbanner

皆様に愛されて全国に拡大中!