iPhone修理を福岡(博多)でお探しの方ならスマップル博多店

博多店 092-402-1534

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

iPhone修理 福岡なら博多駅より徒歩0分!ガラス割れ交換やバッテリー・水没復旧などアイフォン修理の事ならスマップル博多店へお任せください。

iPhoneXRを落としてリンゴループになった!?そんな時はスマップル博多にご相談ください!

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

iPhoneXRを落としてリンゴループになった!?そんな時はスマップル博多にご相談ください!

カテゴリ:画面修理のブログ

タグ:

iPhoneの不具合で一番怖いのは
リンゴループと呼ばれる症状です。

これは電源のオン・オフの時に
リンゴマークが出ると思いますが、
このリンゴマークが
点いたり消えたりして
待ち受け画面にならない症状です。

今回ご紹介するのは
端末を落として
リンゴループになってしまった
iPhoneXRをご紹介します。

端末を落とした衝撃で
リンゴループになったiPhoneXR

写真を見る限り
右上から中央にかけて
ひび割れがあるものの、
症状としては比較的
軽い画面割れですね。

しかし、当たり所が悪かったのか
リンゴループにに陥っています。

果たしてこの端末の症状は
改善されるのでしょうか。

 

リンゴループになる原因は!?

 

iPhoneがリンゴループになる原因は
①Apple独自のosである
iosでは電源起動時に
基盤・液晶・バッテリー・
フロントカメラ・ドッグコネクタ(充電口パーツ)
などのパーツをチェックします。

 

その際どれか一つでも
異常を発見すると電源を落とし、再起動。
それでもだめならもう一度
電源を落とし、再起動を
延々と繰り返します。

 

②端末のストレージの
空き容量が少ないときに
端末を再起動したり、
データ容量が大きな
ゲームを起動したりすると
一時的に大きなメモリを消費します。

 

その際に端末のストレージ容量を超えると
リンゴループになる事があります。

 

③アップデートの失敗
iosを更新するときには
wifiにつないでると思いますが、
何かの拍子に接続が切れたり
電波環境が悪くなったりすると
リンゴループになる事があります。

 

その他にも原因はありますが、
大体は上記の事が多いです。

 

パーツを付け直してみると・・・

今回の修理では
”落としてリンゴループになった”ことを踏まえると
パーツ交換をして改善する可能性がありそうなので
パーツを付けなおし起動してみると・・・

 

問題なく起動しました!

 

リンゴループの原因は多岐にわたり、
原因が特定できないこともあるので
今回症状が改善されたので
良かったですね!

 

料金は液晶のみの交換となったため、
液晶料金のみのとなりました。

 

スマップル博多店は
iPhoneの修理はもちろん
こうした原因が不明なものの調査、
水没復旧やバッテリー診断などの
iPhoneに関するトラブル、お問い合わせを
受け付けております。

 

何かお困りの際は
スマップル博多店にご相談ください。

スマップル博多へのご相談・ご予約はこちら!

お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

 

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

 

WEB予約はこちら

WEB予約画像

2020年06月05日

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

iPhone修理 福岡
店舗名 スマップル博多店
営業時間 8:00 ~ 21:00
TEL 092-402-1534
住所 〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
福岡博多で1番安いiPhone修理店
グループサイトbanner

皆様に愛されて全国に拡大中!