iPhone修理を福岡(博多)でお探しの方なら スマップル博多店

博多店 092-402-1534

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

iPhone修理 福岡なら博多駅より徒歩0分!ガラス割れ交換やバッテリー・水没復旧などアイフォン修理の事ならスマップル博多店へお任せください。

iPhoneの電源を入れたらリンゴマークが点灯しては消えてを繰り返す・・この状態は?

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

iPhoneの電源を入れたらリンゴマークが点灯しては消えてを繰り返す・・この状態は?

カテゴリ:お役立ち情報

タグ:

iPhone修理はJR九州博多駅構内のスマップル博多へ!

 
本日ご紹介するのは、

iPhoneが起動する際に画面に店頭するこのマーク

リンゴループ 画像

Appleのマークですね!

本来であればこのマークが点灯して、

1.2分程でロック画面が点灯し起動しますよね。

今回ご紹介するのは、

起動時に画面に点灯するリンゴマークが点灯しては消えてを繰り返す、

【リンゴループ】

という症状をご紹介します♪

 

リンゴループってどんな状態?

点灯しては消えるリンゴマークが表示されている時は、

iPhoneの内部ではどのような状態が起こっているのでしょうか?

この鍵となるのが、

電源ボタンを長押しした時に表示されるリンゴマークの時間なのです!

この時間はiPhoneに内蔵されている全てのパーツのチェックを行い、

起動できるか確認・準備を行っている状態なんです。

そうなると、

リンゴループの状態は起動準備を行っている時は、

内部のiosや内臓されているパーツに何らかの問題が起きて、

起動できないのでもう一度チェックをしますよ、

という状態なのです。

 

全てチェックが出来れば起動するのですが、

なかなか起動しないので恐怖のリンゴループという別名もあるほど、

iPhoneユーザーには怖い症状の一つなんです!!

 

リンゴループの原因は画面やホームボタン・基盤などさまざまです!

この症状になる原因は様々あり、

パーツ交換で改善するものもあれば、

内部iosや基盤などありなにも行っても改善しない場合があります!

この状態の端末を正規修理店で修理を依頼すると、

本体交換となりデータがきえてしまいますが、

スマップル博多ではデータを残したままの修理が可能です!!

お客様から端末をお預かりし、

画面・バッテリー・フロントカメラ・ホームボタンなど、

基盤以外のパーツを仮付けを行い原因を探っていき、

交換修理のお時間もおよそ30分程です!

今までにも多くのリンゴループの修理依頼を頂いており、

その多くが症状が改善してきております!

iPhoneのリンゴループで困ったときは、

スマップルにご相談下さいませ!

 

スマップル博多へのご相談・修理のご予約はこちら

ご相談はお電話やLINEなどからでもできますので、

お気軽にご相談下さい!

お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

WEB予約はこちら

WEB予約画像

 

コロナウイルスの影響を受けて時短営業となっており、

朝10時からの営業となります。

 

2020年04月28日

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

iPhone修理 福岡
店舗名 スマップル博多店
営業時間 8:00 ~ 21:00
TEL 092-402-1534
住所 〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
福岡博多で1番安いiPhone修理店
グループサイトbanner

皆様に愛されて全国に拡大中!