iPhone修理を福岡(博多)でお探しの方ならスマップル博多店

博多店 092-402-1534

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

iPhone修理 福岡なら博多駅より徒歩0分!ガラス割れ交換やバッテリー・水没復旧などアイフォン修理の事ならスマップル博多店へお任せください。

iPhoneがリンゴループ! データはどうなる? 修理出来る? スマップル博多が大解決!

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

iPhoneがリンゴループ! データはどうなる? 修理出来る? スマップル博多が大解決!

カテゴリ:お役立ち情報

タグ:

iPhoneの修理は即日可能のスマップル博多にお任せ!

 

 

本日はiPhoneが起動せず、

リンゴマークが点灯しては消えてを繰り返すリンゴループをご紹介します!

 

リンゴループってどんな状態?

通常iPhoneの電源を入れると画面上にリンゴマークが点灯して、

起動しロック画面が表示されるのですが、

リンゴループというのは電源を入れてリンゴマークが点灯して、

起動するかと思えばリンゴマークが点灯しては消灯してを繰り返して、

起動しない状態になっている状態の事です。

 

リンゴループになる原因

原因として考えられるのは、

画面やバッテリー、ホームボタンなどの内部パーツや、

落下や水に濡れてしまった水没による基盤や、

iosの破損やアップデート不良など、

様々な原因によってリンゴループになっていることがあります。

 

リンゴループという状態と、

原因をご紹介しましたが、

この修理をAppleに依頼すると、

保証に入っていないと修理価格が高くなってしまい、

データはすべて消え即日での修理は厳しいんです!

起動していないのでこの状態でのデータバックアップは取れない状態で、

Appleに持ち込むと初期化・・

データを何とか取り出したい!

修理価格も抑えたい!

そんな時は!!

博多駅から徒歩4分のスマップル博多にお越しください!

およそ30分~1時間の修理時間で原因と改善方法をご提案させていただきます(^^♪

 

リンゴループの対処法

原因によって様々な対処法がありますが、

まずご自身で出来るのが・・強制再起動!

iPhone6s以前の機種はホームボタンとスリープボタンを同時長押し、

iPhone7はボリュームのマイナスボタンとスリープボタンを長押し、

iPhone8以降の機種はボリュームボタンのプラスボタンを2秒、

マイナスボタンを2秒、その後にスリープボタンを長押し、

これで強制再起動でのリセットが出来ます。

強制再起動というのは、

強制的に再起動をかけるので基盤へのダメージが大きいので、

リセットさせるのであれば1度のみにされてください。

 

強制再起動で改善しなければiTunesによる更新・復元の作業になります。

こちらの作業を行うとデータが消えてしまうリスクがあります。

その前に当店にお持ち込み頂ければ、

画面やバッテリーなどでリンゴループが改善しないか原因を究明、

改善させていただきます。

 

iPhoneのリンゴループという症状・原因、

対策方法をご紹介しました。

iPhoneは精密機器なのでいつ起こるか予測がつかないものですので、

大事なデータを守るためにこまめなバックアップは必要なんです!

バックアップ方法など分からないことがありましたら、

お気軽に当店までお越しください!

ご相談は無料です!!

リンゴループで起動しなくなったiPhone6の修理ブログ

<iPhoneがリンゴループに!! 原因は膨張したバッテリー!! バッテリー交換修理は即日可能なスマップル博多にお任せ☆【馬出九大病院前駅よりご来店】>

 

スマップル博多へのお問合せはこちら

お電話でのご相談・ご予約はこちら

電話アイコン

 

LINEからのご予約・ご相談はこちら

LINEアイコン

 

WEB予約はこちら

WEB予約画像

 

2019年12月15日

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

スマップル博多店情報

スマップルへの修理予約&問い合わせ

iPhone修理 福岡
店舗名 スマップル博多店
営業時間 8:00 ~ 21:00
TEL 092-402-1534
住所 〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
福岡博多で1番安いiPhone修理店
グループサイトbanner

皆様に愛されて全国に拡大中!